2017年あけましておめでとうございます

January 7, 2017

もう7日になっちゃいましたが・・・

 

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします!

 

年末年始は台湾へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今から25年も前、

まだ私が健常者だった頃は

上海やシンガポールへは行きましたが、

10年前に車椅子になってからというものの

アジアへは韓国ぐらいしか

訪問していませんでした。

 

何故でしょう?

それはイメージとして

バリアフリーではなさそうだから、

に尽きます。

 

しかし数年前に

台北の公共交通機関が

バリアフリーと聞き、

自称鉄子の私は行きたくて行きたくて!

うずうず(笑)

 

念願叶いました!!!
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街の路面状況は整っていません。

しかし、日本より圧倒的に

多く出会う車椅子ユーザーたち。

車椅子でも臆することなく

街へ繰り出していました。

 

ある電動車椅子ユーザーは

エレベーターのボタンを

自分で押すことができず。

エレベーター降り掛けに

夫が行き先階を聞いて押しました。

何と逞しいことか。

 

私が段差で詰まっていると、

いっせいに何人もが

寄って手を貸して下さいました。

何と隔たりのないことか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の持論では、

その国のバリアフリー度を測るには、

どれだけ車椅子ユーザーを

街で見かけることができるか?

だと思っています。

 

なので、結果として、

観光客が訪れる一部だとは思いますが、

台北はバリアフリーでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イメージだけで台湾に

行かなかった私。

 

その台北で、

日本より多く出会った障害者たちと、

日本よりバリアフリーな

新幹線と地下鉄と一部のバス。

 

台湾では日本の未来を

今一度考える良い機会になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社会のお荷物と考えられがちな障害者。

でもそれって本当でしょうか?

彼ら彼女らが生きていたから、

問題が可視化されて

世の中がよりよくなって

今があるのではないでしょうか?

 

今どうして私たちが

平和と言われる日本で暮らしていけるのか?

その陰に泣いた人がいたのです。

一手に困難さを引き受けた人たちが。

 

現に私は10年前に車椅子ユーザーになり、

そのタイミングで最寄駅に

エレベーターが設置されました。

私はその恩恵を今受けています。

 

だから車椅子の皆さんには、

もっと街へ出て欲しいです。

 

障壁はたくさんあるかもしれないですが、

社会に出ていくことで、

社会に存在することを示せるし、

そうすればもっと

日本がバリアフリーになり、

やがて健常者も慣れていきます!

 

少し生意気で生真面目な

投稿となってしまいましたが、

すみません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

台北では

LCC・電車・新幹線・バス・タクシー

夜市・カウントダウン・101・小籠包

などたくさん撮影してきました。

毎週土曜日22時に

一本ずつ公開していきます。

https://www.youtube.com/user/kurumaisuwalker

 

近いのに海外を

たっぷり感じられる台湾。

皆さんにもぜひ訪れて欲しいと思います!

 

 

車椅子でどこへ行く?車椅子ウォーカー

織田友理子

 

Please reload

織田友理子
Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags